May 10, 2019

韓国内での鉄道移動について考えてみる 番外編(光州地下鉄)

韓国内での移動の不便さについて書いたついでに、光州の地下鉄についても少し。

光州市は韓国南西部にある街で、人口約150万人、規模としては、ソウル/仁川、釜山、大邱、大田に続く規模の街で、
地下鉄は今のところ1路線のみ。

国鉄だと実質の窓口は、市の西の端にあり、KTX(高速列車)が止まる光州松汀駅になるが、手前で市内に入る支線があって、光州駅が中心街に近いところにある。
光州駅はただの行き止まり駅で、長距離列車はソウル市内の龍山駅からのITXセマウル(特急)とムグンファ(急行)のみ。
光州駅に行くには、光州松汀駅を通らないため、KTXとの乗り換えに便利なように光州松汀駅と光州駅を結ぶシャトル列車(ムグンファ)もある。
ただ、KTXから光州市の中心街へは、地下鉄の方が便利。

ここで不思議なのは、地下鉄がことごとく公共交通機関どうしの乗り換えを阻む。
交通機関のターミナルや主要な地点と地下鉄の駅の関係はこんな感じ。

国鉄(KTX)光州松汀駅 -- 地下鉄光州松汀駅駅直上 なお駅周辺は何もない
光州空港 -- 地下鉄空港駅から620m、徒歩10分
市庁(市役所)-- 地下鉄尚武(サンム)駅から約1.8km、徒歩30分
         近くにはアウトレットやホテル、飲食街などあって、観光やビジネス拠点には比較的便利な副都心
光州総合バスターミナル(USquare) -- 地下鉄農城(ノンソン)駅から約1.5km、徒歩25分 
                  ソウル・釜山だけでなく、いろいろな街から高速バスの便が有り、本数も多い上、
                  ショッピングモールも有り、駅より利用者が圧倒的に多い
良洞(ヤンドン)市場 -- 地下鉄良洞市場(ヤンドンシジャン)駅すぐ
国鉄光州駅 -- 地下鉄錦南路5街(クムナンロ オ(5)ガ)駅から約1.6km、徒歩25分 良洞市場駅からも同じくらいの距離
        中心街に近いが、KTXが来なくなった上に、発着本数も少ないので、利用客は多くない
錦南路・忠壮路(繁華街)-- 地下鉄錦南路4街(クムナンロ サ(4)ガ)駅、文化殿堂(ムンファチョンダン)駅周辺


KTXの光州松汀駅と繁華街を結ぶと思えば便利だけど、高速バスターミナルと接続していないのは致命的。
市バスはあるけど、韓国語表示ばかりだし、韓国人でもよそから来た人が使うにはおそらくハードル高い。
光州駅は、もともと光州と釜山を結ぶ慶全線にあったが、再開発とかで、光州駅から先をぶった切り、慶全線を光州松汀駅から南西へ引き直して、西光州駅を作り、光州駅を行き止まりにした経緯が有る。
韓国の鉄道がソウルから放射状に各地に行くようになっており、光州市はさらに南の木浦(モッポ)市に行く途中であることを考えれば、光州駅に行く列車より圧倒的に光州松汀駅経由で木浦にいく列車が多く、KTXも光州駅止まりを選ばなかったのは当然。

さて、そんな便利なのか不便なのかわからない光州地下鉄、少なくともKTXで光州松汀駅を使う分には、市内の移動も比較的楽。

Img_1887 Img_1886

駅は韓国語、英語、中国語、日本語の表示が有り、日本人にも親切。

Img_2333 Img_2334

切符はトークン式で、一律1,400ウォン(約140円)。お金を入れ、枚数を押し、運賃を押す。
ボタンが多いのは、いずれ距離ごとに運賃が変わるからでしょう。
T-moneyは使えず、光州地下鉄専用の交通カードがあるらしい。

Img_2335 Img_2336

ホームは天井まであるホームドア方式。並ぶところに顔つきの足マークとかあったりして。
アジアの多くの街にいえることだけど、広告や公共のサインがいちいちかわいい。
ただ、前回乗ったときは、この足マークは残念ながら撤去されていた。
残念なのは、やはり微妙に不便なのか、利用客があまりいない。せめて高速バスターミナルと近ければ、もう少し利用客がいそうなものだが。

今は一路線しかないけど、いずれ増えるそうなので、今後路線が増えて便利になることに期待です。

| | Comments (0)

May 08, 2019

韓国内での鉄道移動について考えてみる その2(大田→光州、光明→仁川空港)

今回の韓国出張はちょっとイレギュラーで、変わった体験もしたのでそれも合わせて。

・KTX高速新線に外れると悲惨
今回は光州が目的地だったものの、その前に別の客と会ってその人と移動したため、素直にソウルから光州へ移動というわけには行きませんでした。
最初仁川市内に行き、その後大田(テジョン)市の現場へ車で移動。
高速道路を走るとはいえ、車社会の韓国、たとえ片側5車線あってもソウル近郊は渋滞。おかげで200kmちょっとの道のりに3時間以上かかりました。
仕事の後、西大田(ソテジョン)駅まで送ってもらい、ここから列車で光州へ。
予約もなく、窓口で「光州松汀(クヮンジュソンジョン)!」と言って出てきた切符はKTXではなくITXセマウル号。しかも出発は1時間後。

大田市内には二つ主要駅が有り、大田駅はKTXも止まるが、釜山行きばかりで光州へは行かず。
在来線は大田の手前で分割して、釜山方面は大田駅、光州方面は西大田駅へ別れます。
KTXは最近高速新線ができたんですが、大田市よりだいぶ手前で別れてしまい、釜山方面は大田駅を通るけど、光州方面は西大田駅を通りません。ですので西大田駅には基本(一部を除いて)KTXは来ません。
KTXなら1時間ちょっとで行くところを、ITXセマウルだと2時間。実はこの列車が光州方面への最終で、間に合ってよかった。

Img_4656_1 Img_0222_1

いや、まあ乗ってみたかったITXセマウル号に乗れたんでよかったんですが。
これまでのディーゼル機関車牽引の客車列車だったセマウル号が引退して、電車のITXセマウル号に変わってきています。
中もKTXの一般車より若干広かったし、遅いことを除けばだいぶ快適です。

・光明駅からの空港バスは不案内だ
帰りは光州松汀駅からKTXで光明駅に出て、そこからバスで仁川空港に行くルートにしました。
行きと違って帰りは余裕があるので、ソウル駅に止まる数少ないKTXを捕まえて、ソウル駅から空港鉄道を使うのが簡単ですが、
別ルートも知っておこうと思って。

で、やられました。

まず、空港行きのバス乗り場の案内がない。飛行機のチェックインカウンターのある都心空港ターミナルへの案内はあるし、確かにそこからバスに乗れそうだという想像はつかないではないが、少なくともバス乗り場の案内はない。
ちなみに、見つけたバス乗り場は、都心空港ターミナルの上の階。ちなみに運賃の表示はどこにもない。

Img_4722

「仁川空港?」ときくと、韓国語でチケットが要る的なことを言う。T-moneyは使えるようだったが、かざしてみて初めて運賃が15,000ウォンと知り、チャージ金額が足りないと気付く。
チケット売り場はどこかときくと、「入って左だ」というので行ってみるが、それ、列車のチケット売り場。
都心空港ターミナルの中にあるかと思ったが、チケットカウンター無し。ちなみに自分はすべて機内持ち込みなのでチェックイン必要ないし、そもそもチェックインできるのは出発の3時間前だけど、すでに2時間半前だし。
もう一度バス乗り場に上がると、さっきのバスは出発済み。
次に来たバスの人にもう一度きくと、「クレジットカード出せ」だと。
しかも先に乗って待っていると、運転手が来て、カード差し出して、機械でピッ。
韓国人の皆さんは、スマホでチケットレスにできるようで、スマホ画面のQRコードを機械で読み取って終了。
なんのこっちゃ。
とりあえず無事にバスに乗って、出発の1時間半前には仁川空港に着いて、空港で無事チェックインも済ませました。

後になって、ウィキで「KTX乗り継ぎ乗車券発行の場合3,000ウォン割引」と書いてあったけど、これって、窓口でKTXと一緒に買わないといけないのかな?
iPhoneにKorailのアプリを入れて、KTXの予約やチケットレス乗車はできたけど、仁川空港までの乗り継ぎ切符が買えませんでした。

とりあえず勉強した。次回いつ乗るかわからないけど、今度はスムーズに乗れるようになろう。

| | Comments (0)

Apr 22, 2019

韓国内での鉄道移動について考えてみる(仁川空港→ソウル→光州)

先週韓国に出張で行ってきました。
ソウルはともかく、他の街は大都市であっても基本車社会なので、仕方ない部分もあるのですが、旅行者はそういうわけにも行かず、思ったことをつらつら書いてみます。

・ 空港鉄道はソウル駅へ行くだけのためのもの
仁川空港に降り立つと、そこからの移動手段はバスか空港鉄道になります。
ソウル市内のホテルなどは、高級ホテルですとリムジンバスが直行で行きますし、市内各地にバスが行っているので、やはりバスが一般的な交通手段となるでしょう。
しかし、渋滞が気になる、ソウルから列車に乗る、バスは酔う等の理由のある人は空港鉄道を使うことになります。

空港鉄道の駅は、第一ターミナルも第二ターミナルもは地下をくぐって交通センターへ向かいます。
第二ターミナルは直通(ソウル駅までノンストップ)列車も一般列車ものりばが近いのでいいのですが、第一ターミナルは広い交通センターの右側(直通列車)と左側(一般列車)なので注意が必要。

直通列車はTマネーが使えないので、券売機か窓口で購入。運賃9,000ウォン。
9,000ウォンとホームページや旅行ガイドには書いてあるが、窓口に表示なし。

一般列車はTマネーが使えるので、券売機でチャージするか、1回用交通カードを購入。
ただし、運賃は一見したところ不明。
Tマネーの場合、第二ターミナルからソウル駅までは4,750ウォン、第一ターミナルからソウル駅は4,150ウォン。
1回用交通カードなら100ウォン割り増し。
ホームページやガイドブックには書いてあるけど、駅には表示無し。
券売機でボタンを押して初めて運賃がわかる。ソウル駅なら覚えておけばいいが、他の駅のことなんて知ったこっちゃない感じ。

なので、Tマネー使うにしても、いくらチャージしておけばいいのか見当がつかない。
今回は仕事で途中の黔岩(コマム)駅まで行ったんだけど、3,000ウォンチャージしてあって、とりあえず10,000ウォンチャージしたら、
2,600ウォンで済んだw

券売機の上にはめっちゃ複雑なソウルの地下鉄路線図があって、「ほ〜らソウルの地下鉄はややこしいからいちいち運賃の表示なんてできませんよ〜」的な調子だけど、空港鉄道は完全に別れてて、他のどの路線に乗り換えるにもいったん改札は出て、切符買い直すんだから、せめて空港鉄道の各駅への運賃くらいは駅で表示して欲しい。確かに切符ではなく1回交通カードなので、改札を出ても目的地までの運賃を払っていればそのままそのカードが使えるけど、それでもやっぱり空港鉄道の各駅への運賃は駅で表示して欲しい。(2019.5.9訂正。)

なお、普段はソウルから光州へKTXで行くんですが、これもなかなかのくせ者。
まず、光州方面のKTXはソウル駅には止まらない。次の龍山(ヨンサン)駅が始発。
最近はソウル駅に止まる列車もできたけど、飛行機の到着時刻と空港鉄道のスケジュールが合わないことの方が多い。
名古屋からだと、KEでも7Cでも11:00〜11:30仁川到着なので、かなり余裕を持って、ソウル駅か龍山駅で昼食べるくらいのつもりか、
よっぽど緻密に時刻表を調べて、ギリギリを狙うかのどちらか。

ソウル駅では、地下7階からひたすら地上に上がり、ほぼ駅を横断してKTXのホームへ。最近はスマホのアプリで予約するとチケットレスにできるのでいいけど、予約していない場合は、窓口は混むので時間に注意。

龍山駅に行くのは、空港鉄道を降りると、地下鉄1号線への地下通路があるので、それをひたすら歩く。
駅の南西端っこから北東端っこへ対角線を行くので、いつまで経っても着かない。7〜8分は歩くのでご注意を。
それでも地下通路がなかったことは、一回地上に出て、ソウル駅を横断して、さらに地下に降りていたんだから、まだマシなほうよ。
地下鉄1号線で2駅目が龍山。はい、空港鉄道でソウル駅についてから、少なくとも20〜25分は余裕を見てください。
なお、空港鉄道から明洞(ミョンドン)へ行く地下鉄4号線もソウル駅でこの地下通路で乗り換え。

ということで、空港鉄道は、途中の駅に用事があるならともかく、ソウル市内に行くなら、めっちゃ不便だけど、鉄道としては唯一の手段。

長すぎたので、他の話は後日。使えそうな写真もなかったので、文字ばっかりでごめんなさい。

| | Comments (0)

Sep 08, 2015

フランス・ベルギー・ドイツ旅行(4)

5月31日(日)



フランス滞在中の気温は、概ね最低気温8〜10度、最高気温13〜18度で、夏に近いくらいの気温だった名古屋から来た身体には、寒いものの、何とか半袖でも耐えられる状態であった。
実際、晴れていれば、日差しは比較的強いので、暖かく感じるし、何しろ一日中歩いていたのだから、身体も温まるというものだ。
カミさんはそうはいかず、暖かい格好をしていながら、さらに震えていたのだが、この日はさすがにカミさんの行動が正解だった。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 21, 2015

フランス・ベルギー・ドイツ旅行(3)

5月30日(土)
この時期のヨーロッパはそれほど暖かくない。
日差しは強いので、晴れていると案外暖かいが、空気は冷たく、日が陰るとむしろ寒い。
そんな中で、暑がりの僕は、「歩いていれば暖かくなって汗かくから」と完全に夏の格好しか持ってこずに大失敗。体の節々の痛みで早朝に目が覚めた。
家から持ってきた鎮痛薬を飲んで、少し休んだらだいぶ楽になったが、いくら長袖を1枚持ってきたとは言え、翌日のモンサンミッシェルはかなり心配だ。

Img_0757_2

でもちゃんと朝食は作った。
パンは初日に買った、スライスされた丸いヤツを2日に分けて、卵は4個パックだったので、これも2日に分けて。
ハムは前日に夕食と一緒に買って、サラダはカット野菜を2日に分けて。
ヨーグルトは4個パックを2日に分けて、チーズは5個入りだったので、1つはこの日の晩に僕がワインのつまみに食べた。
ポップアップトースターで焼くにはパンはちょっと小さすぎた。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jul 07, 2015

フランス・ベルギー・ドイツ旅行(2)

5月29日(金)
ヨーロッパという地球の裏側に行くと、何が一番困るって、時差ボケ。
日本からヨーロッパという西向きだと、アメリカへ行く東向きよりも時差ボケはひどくないが、それでもなるものはなるわけで、どうしても朝4〜5時には起きてしまう。そのくせ8時を回ると眠くなる。
ただ、おかげで早い時間から観光に動くには好都合。朝5時に起きたものの、周囲の迷惑にならないように朝ご飯の準備をして、7時過ぎにはもういつでも外に出られる状態に。

Dscn0152

前日スーパーで買った卵とハムでハムエッグ。野菜はいわゆる袋入りサラダ。結構量が多くて、夕食と翌日の朝食にも間に合った。
卵は4個パック。時間的にもこの日と翌日しか朝食は作れないので、これで十分。カミさんが半熟が苦手なんだけど、フライパンに合うフタが無かったので、ひっくり返して焼いたため、こんな不格好に。

作ったのは僕。普段の休日と同じさ。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 15, 2015

フランス・ベルギー・ドイツ旅行(1)

Img_0529

5月28日(木)

朝4時起床。東京か中部空港で前泊でもよかったけど、着替えが1日余分にいるので、がんばって早起き。
始発の地下鉄に乗り、桜通線の桜本町駅で降りて、名鉄桜駅へ。5〜6分歩かなきゃいけないが、新瑞橋〜金山と行くより早い電車が捕まる。
桜駅のホームで一息、そこで気付いた。
「ミューチケット忘れた(>_<)」
今更遅い。多分買い直しになるだろうけど、このまま電車に乗り込む。
神宮前では2分乗り換え、慌ててホーム移動して無事ミュースカイに乗車、やはりミューチケットは買い直し。(泣)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 10, 2015

フランス・ベルギー・ドイツ旅行(0)

げっ、1年もブログ更新しとらんがね。

てなわけで、5年に一度のカミさんとの旅行に行ってきたので、その顛末を簡潔に。

ただし、何しろ8泊10日、いつになったら最後までたどり着くかの保証は全くありません。(笑)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 04, 2014

韓国の鉄道は残念ながら使いにくい



韓国へ出張に行くと、いつも思うのが、鉄道が使いにくい。
高速バスが便利な国なので、仕方ないか。

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Jun 03, 2014

韓国・全州ミニトリップ

Img_8354

5月16〜19日と仕事で韓国に行ってきました。

18日の日曜日がまるっと空いたので、光州から全州へ日帰り旅行。
目的は全州韓屋村とセマウル号乗車。(汗)

» Continue reading

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«旅行帰りで台風直撃